Mizuki's Photo Essay

写真と好きなものについて綴るPhoto Essay

【画集】東山魁夷画伯のArt Album お気に入りの3冊

 

 

 

 

疲れて帰宅した日。

音はうるさいし、本は目が疲れる・・・。

そんな時画集を紐解きます。

 

f:id:nuage_blanc:20171121214937j:plain

東山魁夷画伯のArt Album 第3巻からなる画集です

 

この画集は3冊で構成されており、

第1巻「美しい日本への旅」

第2巻「森と湖の国への旅」

第3巻「心の風景を巡る旅」

となっています。
 

f:id:nuage_blanc:20171121214945j:image

 

今日の気分で3枚をピックアップ。

1枚目は第1巻から。タイトルは「北陽」(ほくよう)。

パッと選んだのですが、札幌市の円山公園の風景でした。

絵の下には画伯の文章が添えられています。 

f:id:nuage_blanc:20171121215451j:plain

北陽」ほくよう 並び立つ落葉松の幹の直線と、枝の交叉が、明るい空と紫紺色の低い山を背景に、北国のリスムを奏でる



第2巻からは、こちら。

大好きな絵です。「晩鐘」(ばんしょう)。

 

f:id:nuage_blanc:20171121215502j:plain

金色に縁取られた雲間から幾筋かの光の足が、塔の前上に放たれていた。巨大な寺院は、その姿を逆光の暗さに沈め、夕影に蔽われたフライブルクの町に、高く聳えていた。


第3巻からは「私の窓」

この絵もお気に入りです。穏やかで落ち着いた色調に3色スミレが明るさを添えています。

  

f:id:nuage_blanc:20171121215510j:plain

私の窓 千葉県市川市鬼高・寄寓先2階からの眺望

 

画集を眺めていると美術館に行きたくなります。

関東にいた頃は、よく長野県にある東山魁夷の美術館に行っていました。

www.npsam.com

 

残念なことに今改築のため、休館になっています。

 

この3冊の画集は東山魁夷がお好きな方にはオススメの画集です。 

芸術の秋、美術館にも行きたかったけれど、行かないまま冬を迎えそうです。

 

 

 

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村