blanche's Photo Essay

写真と好きなものについて綴るPhoto Essay

【憩い】変わらない場所があること

 

時間と行程が許せば立ち寄るお店の一つ。

櫻子さんの足下には死体が埋まっている』の原作にも登場するお店。

f:id:nuage_blanc:20170503172033j:image

 

f:id:nuage_blanc:20170503172045j:image

 

季節により変わるスコーン。

今回は桜の葉。

友達が注文しました。

f:id:nuage_blanc:20170503172056j:image

ケーキも食べましたが写真を撮り忘れました。

 

f:id:nuage_blanc:20170503172158j:image

 

f:id:nuage_blanc:20170503172211j:image

 

いつお邪魔しても、優しい笑顔のマスターと奥様のあたたかなおもてなし。

 

開店から閉店まで長居するお客様もいらっしゃるとか。

分かります。

居心地いいんです。

 

そして、長居しても決して追い立てることなく。

そんな風に居心地よく過ごしてもらえるのが嬉しい、とおっしゃるのです。

 

f:id:nuage_blanc:20170503172524j:image 

 

今回は賑わいが落ち着いた頃にちょうどお邪魔できて、静かな中でマスターとゆっくりお話できました。

 

たっぷりたくさん飲むことができるポットサービス。

 

価格もリーズナブル。

 

消費税のせいか、490円の価格はさすがになくなっていましたが、とにかくお財布に優しい。

 

静かに会話を邪魔しない音楽はクラシック。

ショパンがほとんど。

 

変わらず、いつもあってほしいお店の一つ。

 

今回奥様と会話して、新しいお菓子の話になり、ちょっと楽しみなことができたからまた行くのが楽しみです。

 

訪ねて、雰囲気がガラリと変わっていたら寂しい。

 

向こうで働いていて、本当に大変な時もここにくると癒されていました。

 

いついっても、変わらない場所があることは嬉しい。

 

飽きっぽいから、いろんな場所に行くのも好きですが、その中で見つけたお気に入りの場所は大事にして、何回も行きたいのです。

 

今回は一番手前に座ったけれど、この窓際の丸テーブルのどちらかがお気に入りの場所。

 

f:id:nuage_blanc:20170503173620j:image

 

 さすがに道外からリピートしている為、優しいマスターは「あらかじめ電話下さったら予約席にしておきます。」とのこと。

 

次はいつ伺えるかな。

 

あまりお休みをされないので、いつまでもお元気に頑張っていただけたら、と願っています。

 

場所:北海道旭川市

紅茶のお店

 

【旅】空が近い場所

 

丸瀬布の山荘を出て、近くの高原に足をのばしました。

 

 

こんな雄大で素晴らしいのに、やはり人っ子ひとりいない。

大自然を独り占めの贅沢。

 

 

 

f:id:nuage_blanc:20170502131024j:image 

f:id:nuage_blanc:20170502131016j:image

手を伸ばすと空が届きそうに近かった。

f:id:nuage_blanc:20170502131035j:image

そして大きい。

 

f:id:nuage_blanc:20170502131043j:image

 

f:id:nuage_blanc:20170502131053j:image

 

遠くには山並みが広がり、広大過ぎて写真にしても伝わらない感じでした。

 

場所:丸瀬布界隈

大平高原牧場

 

その後、就実の丘へ。

旭川と美瑛の辺り。

 

 f:id:nuage_blanc:20170503092452j:image

 

f:id:nuage_blanc:20170503092500j:image

 

f:id:nuage_blanc:20170503092507j:image

 

 f:id:nuage_blanc:20170503092608j:image

富良野岳から旭岳まで山並みが綺麗。

肉眼だともっと大きく見られるので、

 

f:id:nuage_blanc:20170503092648j:image

山が好きな人にはいい場所だと思います。

 

特に案内板などがなく、旭川空港の近くです。

 

広々。

そしてやはり人がほとんどいない。

 

清々しました。

 

空と風と緑と自分しかいない世界。

最高の自然からの贈り物です。

 

自然はやはりいいです。

何時間でもぼーっとしていたい場所でした。

 

 

 

 

 

 

 

【旅】時間に追われず、ひたすら自然を感じていたい

 

 

f:id:nuage_blanc:20170430141057j:image

 

こじんまりとした森で。

 

時間に追われない時間。

 

辛夷ももうすぐ開きそう。 

f:id:nuage_blanc:20170430141121j:image

 

ロダンの考える人、が着想もとのオブジェ。

f:id:nuage_blanc:20170430141144j:image

でもこんなところでは何にも考えず、ひたすら風や自然の音を感じていたい。

 

f:id:nuage_blanc:20170430141321j:image

 そんな昼下がり。

f:id:nuage_blanc:20170430141330j:image

 澄んだ空気だから、黄色が鮮やか。

f:id:nuage_blanc:20170430141550j:image

こんなペンキ塗りたてみたいな真っ白な白樺とこんなめくれた皮を初めて見てびっくりしたり。

f:id:nuage_blanc:20170430223309j:image 

f:id:nuage_blanc:20170430141557j:image

 

北の大地は、いつも私に安らぎを与えてくれます。

特にこの早春の季節や季節の変わり目は本当にいろんな風景が混在して美しい。

 

f:id:nuage_blanc:20170430141730j:image

 

冬から優しい春の色へ。

 

この時期が終わると短い夏がやってきます。

 f:id:nuage_blanc:20170430144235j:image

 

北の大地は一年中おすすめです。

バカラのザンザン クリスタルの透明の輝きにときめく


 

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

白い棚の上に最近定番となっている置物は2つ。

 

バカラのザンザン。

エインズレイのバラの置物。

 

f:id:nuage_blanc:20170218204030j:image

 

他にもあるのですが、今は引越しもあるので最低限しか飾っていません。

以前自宅にいた頃は気分で変えていました。

(モチーフはバラやクローバーなど・・・)

 

今はこの感じに合わせて、花器もガラス。

ボヘミアンガラスです。

 

f:id:nuage_blanc:20170218203855j:image

 

 

今日はハンカチを2枚購入。

最近揃えているウェッジウッド。百貨店で通りかかりに見て気に入ったので買ってしまいました。

 

ハンカチの色は白、ピンク、ブルーのいずれかと決めており、白は即決。

もう1色はちょっとだけ迷い、今回はピンクにしました。

衣類は無地なのですが、ハンカチとスカーフは柄もOKにしています。

ちなみにストールは無地か地模様です。

 

f:id:nuage_blanc:20170218203925j:image

 

早速明日使おうと思っています。

 

こんな写真を撮る時にも星型のクリルタルを見ると嬉しくなってしまう。

星型も好きだし、洗えるからいつも綺麗だし、お気に入りです。

 


 

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス